建築事務所に依頼してみて思ったこと

      2017/01/22

 

最初の投稿でも触れましたが、

我が家は建築事務所に設計を依頼しました。

設計料がかかるので躊躇される方も多いと思いますが、

希望や理想と、コスト削減の狭間でもがく私たちに

素敵な提案をたくさんしていただき、本当に満足いく家になりました。

 

やっぱりプロは違う!依頼してよかった!

と心から感じています。

 

まず、我が家のお気に入りポイントを聞かれたとき、

自分が希望を言って取り入れたものより、

設計士さんにおすすめされたものの方が断然多いです。

 

おまかせで決めていただいたもので、

設計段階ではそれほどときめいていなかったものも、

実際完成してみたら、なんと素敵なことでしょう!

というものも多くあります。

 

きっと自分の希望ばかり取り入れていたら、

ちぐはぐな家になったんじゃないかと思います。

 

でもまずは、希望を理解してくださる設計士さんだったことが大きいのかもしれません。

施工事例などから、イメージに近い建築事務所を見つけることが大事かなと思います。

 

我が家の場合、間取りについてはどうしても複数条件があったので、

設計士さんの本領発揮していただけず、申し訳なかったのですが、

細かい仕様については、希望を言って、

「それならこれがおすすめですよ」と言われたものを

採用することが多かったです。

 

途中からは、疲れてきたのもあり、

「おまかせします」と言った物も結構あったんですが、

完成してみたら、これが素敵で、

最初からおまかせしていたらよかったとも思いました。

 

とはいえ、私が提案してみて、

設計士さんに「それいいですね!」と言われて採用されたこともたくさんあるので、

やっぱり希望は、胸に残すことなく伝えた方がいいです。

 

それから希望を言わずに採用されなかった場合と、

希望を言って検討したけど採用されなかった場合とでは、

住んでからの気持ちが全く違います!

 

巷でよく言われるように、

実際住んでみると「やっぱりこうしておけばよかったかも。」と

必ず一度は思うはずです。

いや、何十回と思うはずです。

もしそれが希望を言わなかった箇所だとしたら、

「言っていたらどうなってただろう」というモヤモヤが

ずっと残っていただろうと思います。

でも、希望を伝えて検討した結果、

断念した箇所だったとしたら、仕方なかったと思えて、

そこを少しでも良くしようと前向きになれます。

 

設計士さんのおかげで、

本当に後悔がほぼない家になりました。

もちろん、ああすればよかった、こうすればよかったというのはあります。

でもそれはだいたい、宝くじが大当たりしない限り無理なことです。

リビングをもっと広くしたかったとか。笑

 

自分たちのできる精一杯の希望を叶えてくださいました。

そして工務店の選定から、工務店との交渉など、設計以外の面でも頼もしく、

例えるなら、弁護士のような存在だと感じました。

結果、設計料は決して高くないと思っています。

 

 

我が家は、コの字型をしています。

家の中にいるときだけでなく、家族でバーベキューをしたり、プールをしたり、

庭で過ごす際にも外からの視線を気にしたくなかったからです。

中庭に面して大きな窓を設置して、開放感のあるリビングも実現しましたので、

WEB内覧会で詳しく記載していきます。

 

 

★ランキングに参加しています★

応援クリックいただけるとうれしいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

 

スポンサーリンク

END

 

 - その他